若ハゲの進行を抑える|頭皮環境を整える!

男の人

病院で治せる薄毛

悩む男の人

男女の治療の違い

男性の薄毛治療と女性の薄毛治療は違います。そもそも薄毛になる原因が男性と女性で違うので、治療法が違うのも当然のことです。男性の薄毛治療は、プロペシアという内服薬を用いて行います。プロペシアは男性型脱毛症の進行を止める効果がある内服薬です。また、必要に応じてサプリメントやミノキシジルタブレット、ミノキシジル外用薬なども出してくれます。女性の薄毛治療ではパントガールを用います。パントガールは女性向けの薄毛治療薬です。女性男性型脱毛症の進行を抑え、抜けない髪を育てる働きを持っています。一部のクリニックでは、頭皮スパなどのトリートメントができます。発毛エキス配合のシャンプーを使用したトリートメントは、発毛効果やリラックスする効果もあります。

人気がある病院

ストレス社会の現代、老若男女薄毛や抜け毛や悩んでいる人が増えていると言います。実際に薄毛の治療ができる医療機関の需要が高まっており、各クリニックで患者数が右肩上がりに急増しています。薄毛は中年男性がなりやすい症状ですが、中年女性でも薄毛に悩んでいる人は沢山います。美容皮膚科クリニックでは、女性向けの薄毛治療が人気です。美容皮膚科は、アンチエイジング、痩身、脱毛、豊胸、プチ整形などができるクリニックです。医療機関なので、医師が薄毛の状態を確認し、必要に応じて内服薬や外用薬などを出してくれます。頭皮と顔の皮膚は一枚で繋がっています。薄毛治療をして頭皮を健やかにすることは、顔の皮膚にもいい影響を与えます。